植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

読みかけの本が 2冊積んだままですが・・
なんと前職の同僚が 作家デビュー。読まないわけにはいきません

11月25日発売です。入手が遅れて 今日届き、一気に読んでしまいました

がむしゃらに描いてみたら、
ハダカよりスゴいものが見れた。

野球に挫折に、夢を失った多感な男の子・空色は
「女の子の裸」を見るためだけに美術科高校に入学してしまう。
1982年の東京を舞台に、恋と笑いとアートと青春が圧倒的スピードで駆け抜ける!
(帯書きより)


この帯書きと同僚を思い出しながら、どんなストーリーか?本が着くまでの楽しみ

読み始めると 想像以上のストーリーとスピード感

おもしろかったあ

クスッとするツボも沢山ちりばめられていて
江古田大学藝術学部、亀が丘高校・・江古田に4年間通った身としては たまりません


「考えてみれば空色たちはバスロマンしか失わないので、非常にラッキーな条件だということに気がついた。負けてもバスロマンさえ犠牲になればいいのだ。こんな気楽な戦いは無い。愚かなヤツらだ、・・・」
(本文より引用)
この引用では わけわからないと思いますが、この部分で爆笑してました

スピードの中に緩急があり うまいですね

読み終わったあと バカな頃の自分を思い出し ぐっと若くなった気分

元気が出る小説です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラッシュ! [ 彼方 出 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)


スポンサーサイト
発見
なぜかGoogleの画像検索からこのブログを発見しました。
お買い上げ&一気読みありがとうございます。
「元気が出る小説」、一番嬉しい言葉です。
お互いに、マルチメディアなんとかを卒業して、第二の人生がスタートですね。
いつかもっと楽しんでいただける作品作りを目指して頑張ります。
いつまでもよろしくお願いいたします。
[ 2016/12/31 07:48 ] [ 編集 ]
Re: 発見
マルチメディアライフスタイルなんとか さん(笑) コメントありがとうございました。第二の人生スタート・・少々戸惑いました。前職退職(2010年)してずいぶんたってしまったので、もう一度スタート!?しなくっちゃいけないの??笑 でも 本ほんと楽しかったです
[ 2017/01/09 11:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR