植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

今日から 竹取物語・・

お客様の自宅の裏山にびっしりはえた 竹藪の伐採作業です
母家、納屋、石倉 など建物に接した 傾斜地の奥行3~6m 幅50m程
(2月中のあいまをみながら。何日かかるかな・・)

通常 山林の境界は土手(傾斜部)の下にあり傾斜部は上の所有者分ですが
ここは 傾斜部の上に境界があり傾斜部はお客様の所有です

数年手入れされていなかったので 竹藪の中の雑木(カシやエノキ等)が
開けた母家側に大きく伸びていて、タケと絡んでいます

竹藪の伐採の慣れた方から
まず高い方から低い方へ。家の遠い方から近い方へと コツを教えてもらいました
残った竹が壁になり、伐採した竹が、家等に当たらない工夫です

実践しようと思いましたが倒すスペースすら作れそうもないほど絡んでます

結局タケは手ノコ(手でノコギリ)で だるま落とし的に立てた状態で切りさげました
倒れそうなものはロープで確保
マダケでも高いものは15m以上あります。家側に倒れるとアウトです

高さ1m程残した竹に2m程に伐ったサオ(竹の幹)や枝の部分を横に積んでいきます
(しがらと言います)
午前中格闘。しかし積もった枯葉で滑って、体勢の確保も大変、安全といえません

昼休みに 職人さんと スパイク付き地下足袋を買いに走りました
今まで使ったことはありませんでしたが 大正解でした

滑りません

さすが専門の道具。もっと早く使えば良かった・・ 


裏はこんな感じ金属や樹脂製のスパイクが複数出ています
DSC_0035su1.jpg 

地下足袋ですが親指と人差し指の間は埋まっています
地下足袋では、よくこの部分にササなどがはさまり、歩きにくいです
ちゃんと配慮されています
DSC_0036su.jpg 

パッケージのコピーが「男たちの熱き挑戦」

ツッコミどころ満載ですが・・
這いつくばるような 傾斜地で作業する姿、まさにChallenger!

仕事ですけどね

 DSC_0035su2.jpg

昨日 アスファルトを砕く作業で パンパンになった右肩
今日は傾斜地作業。頭と体を使う作業で週の半ばでクタクタ・・

明日は雨~雪の予報 challengerはゆっり休みたいです

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR