植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

(以前の記事は『初午もうで 』です。あわせてお読みください)

今年は、私は カミさんの実家に行っていたので、何もできませんでしたが
家に戻ると 何本か紙のノボリがあがっていました


私の子供の頃 この紙のノボリを持って 近所の家のお稲荷さんにお参りしました
学校に行く前 お参りすると 袋いっぱいのお菓子をもらえました
4人兄弟だったので、自分が独り占めできるお菓子は魅力的で
どの家が お菓子が豪華(沢山)か? 最大の関心事でした

こんな行事が何年続いたのでしょうか?
最近の少子化や過疎化の影響で
私の地区では 子供(小学生ぐらいの)がノボリを持ってくることが減り、親や祖父母が
軽トラにノボリを積んで持ってきたり
(わが家も 子供たちは横浜で)うち孫?が減ってます
数少ない小学生も 今年は日曜日で、スポーツクラブの朝練があって来られない・・


そんなこともあり わが地区では 来年からは 各家でお稲荷さんをおまつりして
紙のノボリのお参りはやめようか・・と話されています

途絶えてしまったら 再開はきびしいと思います。しかし 現状をみると継続もきびしいかな

まだ 盛んな地区もあるので、紙のノボリを持って行くことは可能です

いずれにしても 
お稲荷さんを大切にまつっていきたいと思います
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR