植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

今日のお客様
私が担当したころから お客様は 老人施設に入っていて不在でしたが
数年前にお亡くなりになりました
以降も お嬢様からの依頼で この庭の手入れを年2回続けています


マツの手入れをしていると 近所の方が
「マツの手入れって そんなに丁寧にやるんですね?誰も住んでいないにもったいないですよね」
と素な質問・・
会釈で返すぐらいで、あまり良い応答ができませんでした

別のお客様も 先週末 お嬢様から
独り暮らししている父が亡くなりましたが、今後も年2回の手入れをして欲しいと電話がありました
詳しく伺うと 8月9日に亡くなられたとのこと
前回の手入れの時(7/31) 入院していると聞いていましたが、60代と若く 元気な方でしたので
次の手入れの頃には 退院しているだろうなと思っていたところでした

私たちは 仕事をすれば代金をいただけるので 良いのですが
主人のいない庭、誰も使わない庭の手入れが増えています

近所の方が使えたり 庭を貸し出すサービスなんか可能性無いかな?
なんて考えてしまいました

仕事をして お客様が喜んでくれる・・が仕事のモチベーションですが・・


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR