植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

高校時代の友人が嫁いだ臥雲寺で毎週 日曜日7時30分から(夏期は7時)座禅会が開かれています
数年前から、月1回ほど 友人と3名で参加しています
もっぱら 会うと いつ飲みに行こうか?なんて話になりますが・・

30分の座禅を2回、お茶をいただいてから その後 般若心経をよんで終わりでしたが
11月12日 ほぼ2か月ぶりに参加すると 座禅後、臨済録を用いての勉強会に変化していました



臨済録はずいぶん進んでいて 今回は10ページからでした

その中で(以下引用)
「你(なんじ)が信不及(しんふきゅう)なるが為の所以(ゆえ)に、今日葛藤す」
衆生本来仏なり。お互いの持って生まれたもの、
それがそのまま一番真実の仏性であるという自信がないから、
藤や蔦葛が木にからみつくように、文字、理屈をこねまわしておるのじゃ


とありました

そこか!?といわれそうですが、葛藤の由来って この木に絡む姿だったんですね
まさにそのもの 笑
文字をみればそのままですが、葛藤という言葉を使いながら 
文字の形と意味だけ、だったなと 目からウロコ

日曜の朝 小さな発見を思い出し 書きました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

臨済録 (タチバナ教養文庫) [ 臨済 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

臨済録第2版 [ 臨済 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR