植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

いつも刈込みで仕上げている マキ(イヌマキ)の生垣
最初は 天端だけ揃えて・・ぐらいに思っていましたが
前回 刈り込んだ部分がずいぶん傷んだり、食害の痕、枯葉?

コガネムシが新芽を食べたのかな?と思いながら、枯葉や傷んだ葉を除去しました
(写真が なぜか?手ぶれしています)



すると見たことも無い幼虫が?この幼虫が食害したの??
スマートフォンのカメラの調子が悪く 今一つ ピンがきません
印象は・・ツツジにつくルリチュウレンジの様 ハバチの幼虫?
DSC_0680ki.jpg

家に帰り調べると・・
イヌマキの害虫に
キオビエダシャク Milionia basalis シャクガ科がありました
ただ 分布は九州、沖縄などで、沖縄では 重要な林業害虫とのことです
これが静岡まで広がっていたら 大変です

幼齢の写真があまりないですが似ているかな?
成虫は 大胆な黄色い帯
キオビエダシャク2

(写真は鹿児島市のHPより転用)

剪定しているとドクガ科のような成虫がポトリと落ちました・・
これまた 写真がブレていて確認できません
食害していた幼虫の成虫?かもしれませんが。もう少し 落ち着いて写真を撮らなくては
DSC_0683ドクガ?1
 
今まで イヌマキは 病害虫に強い樹、管理の楽な樹と思っていましたし
お客様にも伝えていましたが
こんな害虫(植木屋の敵!)が広まったら大変です

明日 薬剤散布 駆除したいと思います

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR