植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

箱根の伐採が完了したので 仕事後現場確認に行きました
『10月20日2 国立公園内の伐採許可を申請しました』
『11月18日 伐採許可の書類が届きました』


現場に到着すると 当然真っ暗・・
現場をスマートフォンで撮影しましたが、何が何だか・・切り株は写りました

きれいな切口。祖父が植えたスギ。年輪が時間を感じます

14本のスギと 落葉樹を数本伐りました
伐採業者の都合(できれば年内に・・)で急遽今日になり、伐採作業を観ることができませんでした
何人でやったのか?重機や機器は何を使ったのか?どんな段取りで・・

搬出を含めて 1日でやってしまうから さすがに専門業者ですね
写真は 伐採前です
DSC_0278ha.jpg

振り返ると 色々経験できました

隣接する別荘の方から 相談があり
一旦 伐採士さんを頼んで 自分たちで伐採しようと計画
伐採木の処分先(材木)を探す経緯で
製材用に伐採するには 専門の伐採業者の方が良いと知り
伐採まで請ける製材業者を知りました

相見積先の業者から 伐採木を市場に出す際 伐採許可書を求められることがあると教わり
それならと 環境省に申請書を出してみようと思い
申請の際
皆伐のつもりが、第2種特別地域は宅地の場合も70%の緑化率が必要と知り
・・地元の不動産やさんも皆伐が良いと、伐採業者も皆伐の方が費用がかからないと
言っていたのですが
最終的に 今回の部分伐採になりました・・

ずいぶん経験値がUPしました

それにしても伐採作業をみられなかったのは 惜しい

昼間 みに行かなくては・・
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR