植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

わが家では、祖父がお正月飾りをつくってくれていました
亡くなってからは(父:親方はつくらなかったので)市販品を買っていました
私は興味があり、母方の祖父に教わろうと思っていましたが、亡くなられてしまい
かないませんでした

昨年 親戚の家で 近所の方が集まってお飾りをつくっているということを知り
今年 はじめて参加しました
お飾りつくりの得意な方が 先生になり 8名ほど参加です

ワラをすぐる(どういう字を書くのでしょうか?)ところから教わりました
ワラの葉を取除き穂のつく軸の部分だけ残すイメージです
この工程を丁寧にやれば きれいだと思いますが・・
どこまでやっていいか初心者には全く未知の世界です


フォークやレーキを使い
穂先をつよく握り穂先から元方向にすいて 大まかに落とします
そして、手で枯葉を葉先をつまみ取除きます
DSC_0898oka.jpg

すぐったワラです
DSC_0885oka.jpg

やっと お飾りづくりです
今回 わが家で使う3種類
玄関飾り、神棚の宝船、お稲荷さんのゴボウ(1.8m)を教わりました

それぞれに適した分のワラを準備し、元から2握り分の位置を針金できつくしばります
DSC_0890oka.jpg

そのワラを3等分し まず2つを撚ります
残りの1つは元のほうに折り返しておきます
右撚り、左撚り、色々説があるようですが、子なわ(ワイヤーロープでいえばストランド)
は左撚り、子なわどうしは右撚りです
ワイヤーロープでいえば 普通S撚りというヤツです
DSC_0887oka.jpg

子なわ2本を撚ったら先端を針金で固定し、もう1本の子なわを撚ります
3種類とも基本的には同じです

玄関飾りは子なわ2本を4回撚りもう1本を撚る際、垂らすワラを3ヵ所編み込みます
宝船は子なわにアンコ(ワラでつくります)を入れて太くします
ゴボウは子なわを1回撚るごとに、5-6本のワラを継ぎ足し 希望の長さまで撚ります
(ゴボウが基本ですね。わかりました)
DSC_0888oka.jpg

普通Z撚り、普通S撚り
img_lb0201b_szb-thumbnail2.jpg
ROPE FACTORY ホームページより引用)


そんなこんな ずいぶん先生に手伝ってもらいましたが 3種のなわ部分完成
はみ出たワラをハサミで切り 除きます

午前中でここまで
DSC_0893oka.jpg

昼食後 
先生が 準備してくれた 飾り、ウラジロやダイダイ、ユズリハなどを飾り 完成
DSC_0894oka.jpg

やー さすがに1回では できる感じがしないです

来年も ここで教わろうと思います
でも
神様も お稲荷さんも 喜んでくれそうですw


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR