植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

新しいお客様の仕事です
玄関周りだけなので うまくすれば2人で1日(2人工)で完了するかな?と思いましたが
1日半 かかってしまいました
今年 最後のヤマ(はじめての庭は何があるかわからないので・・)が
完了し、ホッとします

私が最初に取り組んだツバキ。思い切り低くして透かしました
このツバキ1本で3時間ほどかかってしまいました


写真(下)は9月末の写真です。高さ4m程。隣のマキより大きくなってしまっています
枝もびっしり 重なっていました。木登りをしながら剪定しました
DSC_0192chi.jpg

一番大変だったのは チャドクガです
このお客様の西側(写真奥)がサザンカの生垣をフェンスに変更しました
『9月15日 チャドクガとごほうび』
その際、サザンカやこのツバキにチャドクガの幼虫(毛虫)が沢山居たので
薬剤散布し 駆除しました
散布後 このツバキの下には ゾッとするような落ちた毛虫の絨毯(じゅうたん)・・

剪定後 確認しましたが複数のチャドクガの卵が残っていました
DSC_0897chi.jpg

薬剤散布はしたのですが、脱皮後の抜け殻はいたるところに残っています
DSC_0895chi.jpg

チャドクガは 毛虫や成虫の毒針だけでなく 抜け殻や卵でも触るとかぶれるので

決死w 覚悟です
何回も書きますが・・
運よく私は チャドクガの毒には耐性?があって かぶれても薬を塗れば、翌日は痒みがおさまります
(植木屋としての適性 笑)
職人さんは アレルギー体質で かぶれてしまうと 通院が必要になります
ツバキ科(ツバキ、サザンカ、ヒメシャラ、ナツツバキ)の剪定は私の担当です

職人さんは ツバキ科のものが1本でも減れば嬉しい・・ふと
「ツバキを植えるには 免許が必要ですよね」と職人さん

ツバキ類にチャドクガがつくなんて知らず 毛虫や抜け殻、卵をみせると
根元の草取りをしたとき かぶれてしまったのはこれだったの!と驚く方が多いです

チャドクガはお客様や私たちにもダメージ(障害ですね)をあたえるし
また チャドクガを駆除した後でも、隣家にチャドクガがいれば また卵が産み付けられます

花がきれいだから・・と植えて そのまま放任では、犬を放し飼いするようなものです
確かに 職人さんの言うことも一理あります

免許でなくても安全教育(特別教育)が必要かな。市などイベントで無料配布は論外かも
(職人さんは ツバキ類の1本も無い街にならないかと妄想しています)

どうにか 今回 カブれずにすみました

年末まで あと2日で2軒。どうにかおさまりそうです。車庫やトラックの洗車は私かな・・
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR