植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

数年間放任していた 植木畑のカイズカイブキ
この数日 剪定しています


ブログでもたびたび書いていますが
カイズカイブキの葉は 通常はこんな鱗片状です
強剪定すると先祖がえりしてスギ葉のような強い葉がでます
『9月4日2 先祖がえりというヤツは』
DSC_0024ka.jpg

他のコニファー同様、放任して大きくなってしまった樹を小さくしようとして枝を深くかりすぎると
(葉の出ている部分より奥できると)枝が枯れてしまい新芽が吹きません
・・私は ガイコツの樹とよんでいますが
また 葉の部分をに残しても、強剪定によっては この先祖がえりという現象があり
なかなか面倒な樹種と思っています
(放任した樹は枯葉も多くなかなか大変です)

今日剪定していると
陰になっていた奥のほうに小さな芽、スギ葉が出ているのに気づきました
DSC_0038ka.jpg

また別の部分では 枯れているスギ葉がありました
DSC_0043ka.jpg

もしや! 仮説がひらめきました

カイズカイブキは枝の奥の部分(元:日のあたりにくい部分)の芽はスギ葉が出やすい
(ホルモンの影響?)
鱗片状の葉が茂っているときはこのスギ葉には日があたらないので枯れてしまうことが多い

ただ 強剪定すると このスギ葉に日があたるようになり枯れることが無く成長し
先祖がえりした枝として 大きくなる・・です

今まで強剪定すると・・と行為だけ言われていましたが、これが原因(メカニズム)かも!
また
親方(父)は経験的に1月に強剪定すると先祖がえりが少ないと 経験的に言っていましたが
これも、これがかかわっているのかな??

じゃ 先祖がえりしないような剪定方法はどうすれば良いの!?
これは宿題です



スポンサーサイト
そこの所が知りたい
カイズカイブキは毎年数多く剪定していますが、あまり触りたくない樹木のひとつです。
たしかにお客さんに"グッと小さくして"のリクエストが多いですけどそうはいかないのがこの樹木ですね。
>先祖がえりしないような剪定方法は
そこの所が知りたいですね。解決したら教えてください。
一月の剪定はこちらでは無理なので他に何かいい方法はありませんかねぇ。
[ 2018/01/30 10:48 ] [ 編集 ]
Re: そこの所が知りたい
hachi55さん コメントありがとうございます。了解しました。しばらく観察したり調べたりしてみます。刈込バサミではヤニがつきやすく大変ですし、トリマー(エンジンや電動)でバーっとやってしまいますよね。ただトリマーでやっただけでは 深く刈り込みにくく うっかりすると毎年少しづつ大きくなってしまいます。今まで、できる限り深く刈り込んで、枯葉落とし 中に光が入るようにしていました。数年前 わが家の大きなカイズカを購入してくれた業者は、掘りあげ、搬送も自らやってくれたのですが、その際 自前できれいに透かし剪定して・・感銘しました。時間はかかりますが 数年に1回透かし剪定は必要かなと思っています。そうすれば 先祖がえりした枝も枯葉も確実に落ちます。課題としては 倍くらいの時間でできるようになりたい・・ということでしょうかw
[ 2018/01/31 05:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR