植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

今週 26日(月)から S温泉の年間管理をはじめました
例年 1月中旬に手入れしていますが、今年は旅館の都合で2月末になってしまいました
(2回目は5月末~、3回目は9月末~の約1週間)
この時期 マツの古葉とりが主な作業です

同業の方や弊社から独立した職人さんなど いつもとちがうメンバーで協業します
色々な情報交換や 先輩職人さんから 色々教わることができ 貴重な期間です

大まかには中庭を独立した複数の建物(客室)囲む配置になっていて
中庭はプライベートゾーン・・
中庭は お客様のチェックアウト~チェックインまでの時間しか入れません
チェックアウト完了は だいたい11頃。チェックインは2時頃
12時から昼休みをとってしまうと 中庭が2時間しかできないので
昼休みは2時~にスライドして中庭が続けて作業できるようにしています

中庭のマツを手入れしていると 食害されているマツ・・観察するとハバチの幼虫の様です
家に帰ってから調べると

マツノクロホシハバチ Diprion nipponicus マツハバチ科 でした


例年より遅い時期でしたので、これを発見できたかもしれません・・
今年の啓蟄は3月6日です。寒い寒いと思っていても もう虫は活動をはじめているのですね
(幼虫もマユ内で越冬するそうです。成虫に孵る時、もう一度マユをつくるそうです!)


マツハバチ科という科があるんだと感心

マツノキハバチ Neodiprion sertifera マツノミドリハバチ 
Nesodiprion japonicaなど
このマツノクロホシハバチの学名は「nipponicus」 マツノミドリハバチは「japonica」
学名って良くわかっていませんが、おもしろいですね

少しそれますが・・
幼虫・・イモムシ(芋虫)の形態をみると似ていますが
ハチ、ガ、甲虫など孵ると成虫は違った形態
・・このイモムシの形態って環境に適しているんだろうなと感心

興味は尽きません

(作業が終わったら 薬剤散布必要かな?)





スポンサーサイト
学名
学名の命名法は、それぞれの学会で決まっていますが、概ね、以下の通り。
・その種の属する属名の性(男、女、共通)に従った語尾変化をする。
・その属内で種小名の重複は許されない

ぐらいが、共通ルールでしょうか。
しばしば、間違った命名とかもありますが、論文が出されない限り、勝手に変えることはできません。
意味はかなりテキトーなので、まぁ、酷いのもありますね。
[ 2018/02/28 13:27 ] [ 編集 ]
Re: 学名
Sekizukaさん いつもありがとうございます。早速 属内の種小名・・ってなんだ?とわからないことだらけですw。たぶん一番最初に学名を知る機会になった トキ( Nipponia nippon)はどうなの?なんて思いました。(私の頃 小学校の教科書に トキの話がありました)
[ 2018/03/06 07:19 ] [ 編集 ]
Nipponia nipponはNipponiaが属名で nipponが種小名、両方合わせて種名です。
Nipponia は女性っぽいですが、nipponは違うような(w
トキの分布を考えると、如何なものか、、、って学名の代表かも。
[ 2018/03/12 10:39 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Sekizukaさん いつもコメントありがとうございます。属名 種小名 種名の関連 わかりました!

[ 2018/03/15 07:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR