植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

昨年 はじめて手入れをしたお客様

テラス?の屋根を利用して ブドウ(ベリーA)を育てていましたが 収拾がつかなくなり
ブドウ棚をつくって欲しいとの要請がありました

テラスの柱を利用しつつ考えてみました
当初は 得意のイレクターパイプ(Φ28)を使おうと思いました(色が選べるので)
ちょっと予算オーバー
小径の単管パイプを使うことにしました
脚部はΦ31.8、棚部はΦ19.1を使いました
棚部はΦ25.4を使おうと思いましたが(重いし)オーバークォリテイかなということで
細いものにしました
幅方向が4m弱なので しなりますが、全体を組み付けるとかなりしっかりしました

また 棚部のピッチは約70cmで見積もりましたが
現場で1本増やし左右は約70cm 前後は約45cmとしました
これにより 棚の下 手前に2本通す予定のパイプを1本にしました

こんな感じになりました
ブドウが雨にあたらなくて良いですが 
テラスの波板は半透明なので 透明にした方が良いかな? 

お客様も喜んでくれました
早速 ブドウ棚を自作しようと考えている 近所の方が見に来ましたw


もう少し強く剪定してしまおうかとも思いましたが
4本のツルに整理して棚に誘引しました
ツルは 棚の下を通すようにしました(棚の上を通さず・・)

ハクビシンよけに この方がネットをかけやすいと知人が言っていたので試してみました
DSC_0279to.jpg

見積用の図面はこんな感じです

20180306図面


材料は
単管パイプ
(Φ31.8/3m)×3本
(Φ19.1/4m)×7本
(Φ19.1/3m)×2本
クランプ
(Φ31.8/19.1固定)×4個
(〃    自在)×4個
(Φ19.1/19.1固定)×20個・・棚の交差部は一部固定していません
(〃    自在)×4個
単管パイプベース(Φ31.8用)×3個
単管パイプ用カンヌキ(Φ19.1用)×4個・・テラス部の柱に固定するため
その他 木ネジ、シュロ縄、コーキング材・・等
材料費計 16000円弱(税別)といったところです

お客様には これに組立の人工、手数料など加えて請求させていただきます

単管パイプは長いものの方が割安なので 単管パイプカッターで切って使います
親方は切断機(電動、火花を飛ばしながら)で切ってましたが
これなら 現場で寸法を調整できるので 重宝しています
筋交いなども 現場合わせで 切りました



今回は 単管パイプで棚を作りましたが
ブドウ棚を見に来た近所の方は 
フェンス(たぶんワイヤーメッシュ)を吊って作ろうと考えているようです
色々な棚が考えられます

昔 わが家にあった ブドウ棚は コンクリートの柱で 針金(番線)を張ってました
ワイヤーの張力を受けるために そのコンクリートの柱が斜めに設置されていて
子供の頃 柱を登ろうとして ずり落ちて コンクリートで何度も無残な擦り傷・・
なんとなく 思い出してしましました

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・55歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR