植木屋1年生

48歳で植木屋になりました


クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

クルミの葉のにおいって ほんとによいですね・・なんて言っていられない

イヌマキの生垣を刈っている職人さんから 
上にかかるクルミの葉が虫の食べられた痕があると 連絡がありました

最初 毛虫か何かかな・・と思いましたが、食痕の周辺には 毛虫の姿がありません
しばらく観察すると、多数のコガネムシが・・

オオフキコガネ Melolontha frater コガネムシ科 コフキコガネ亜科 の様です


これは♀かな?♂は触覚が扇状だったと思います

子供の頃 お茶ブン(茶色のカナブン)と呼んでいて、部屋のあかりに飛んできたのを
捕まえて カブトムシと一緒に 虫かごに入れてました

割と大柄(3cm程)で バリュー感ありました

カナブンと同様に成虫はクヌギの樹液を吸っているのかと思っていました(カナブンのグループと思っていました)
ちなみにカナブンはハナムグリ亜科に分類されるんですね

われらの敵とは知りませんでした

さて 来週 駆除したほうが良いかな?
スポンサーサイト
さて
甲虫類はなかなか防除が難しいですね。
多食性で、移動力が高いので気がつくと丸坊主(w

たまたま植木屋さんが入っている時(剤を決める前)に見つかれば良いけど、
そうじゃないと対処が難しいですね。
残効が長い合ピレ、ネオニコでも1月ぐらいだろうし。

狭スペクトルの良い剤(スティンガーとか)が出てきてますが、こいつらの事を
考えると軽々に切り替えるのも難しいですね。
[ 2019/07/14 14:57 ] [ 編集 ]
Re: さて
Sekizukaさん いつもコメントありがとうございます
甲虫類は 確かに移動性が高いですね。散布が効果あっても 薬効が切れてから 来られたら・・
コガネムシなど 薬剤の効きは良いのですが このクルミ 大きな樹なので 全体にかけるのは一苦労です
またコガネムシは幼虫の植物の根への害が大きいと思っています。これも 見えないのでさらに厄介です

合ピレ系 よく使います。残効が長い特徴があるとはあまり知りませんでした
スティンガーは知りませんでした。フルベンジアミド・・JAの売店に並んでいたフェニックスも同系統なのですね
適用作物などをみると スティンガーでしょうか。なかなか高価な薬品ですが、検討してみます

[ 2019/07/15 07:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林光次

Author:小林光次
2010年3月 26年間の会社員生活に区切りをつけ三島市に戻り、造園業の経営引継ぎを目標に修行中・・57歳の記録です

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR